誰もいない島で何をする?

日常からの脱出体験

無人島で過ごすなんて、ドラマや映画の世界のようですが、実際に無人島体験が出来たらどうしますか?
そんな体験が出来るレンタル島が実は日本にあります。
島は、一日単位でレンタルすることが出来ます。
そこでは、電気もない、ガスもない、水も井戸の水を汲む生活です。
日常の喧騒から逃れ、大自然の中で生活するのもよいかもしれません。
今ある生活のありがたさを改めて知るよい機会になるかもしれません。
お好きな様に利用できます。
会社の研修で使ったり、学校の行事で使ったり。
法人での利用も、個人での利用もできます。
しかし、周りが海に囲まれているので、帰ろうとしてもそうそう簡単には帰る事が出来ません。
携帯電話もゲーム機も使えません。
覚悟は必要です。

シェア果樹園

別荘をシェアするという会員制のリゾートが大流行しましたが、建物ではないのです。
土地をシェアするレンタル果樹園というのがあるのです。
時間単位や日数単位でのレンタルで、その果樹園の収穫などの農業体験が出来ます。
体験をしたい時だけするので、毎週、毎月お世話をしなくてはならないということはありません。
収穫した果物は、もちろん食べることが出来ます。
本格的に食物を育てたい方には、レンタル農園があります。
数ヶ月間などの一定の期間だけその畑を借りて、自分の育てたい食物を育てることが出来ます。
種をまくのも、肥料をやるのも、水をやるのも全て自分です。
手間は掛かりますが、自分で育てた野菜や果物の味は格別なことでしょう。


この記事をシェアする